January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« February 2014 | Main | April 2014 »

2014.03.25

「銀の匙 Silver Spoon」☆☆☆☆

 私立の進学校の中学から大蝦夷農業高校へ入学した八軒勇吾は、酪農への夢を語る同級生たちの中で一人目的もなく日々の生活をただ過ごしていた。ある日同級生のアキに誘われ、乗馬部に入部する。

 これは面白かったです。目的無く特殊な環境に身を置くことになった少年が、その状況に押しつぶされることなく順応して、ちょっと淡い恋心やつらい現実に直面もする友人関係と共に成長していく姿にとても共感しました。可愛がって育てていた食肉用子豚の当然ながらの行く末に直面した際の主人公の取った行動とか、なかなか思いつくことではなく命と食について深く考えさせられる名シーンでした。
 胸元全開のヒロインのアキ無邪気な天然さが可笑しく、夏休みにうちに来ない?と誘い、クラス中の時間が止まるシーンが面白かった。
 ばんえい競馬は「雪に願うこと」で観たくらいしかの情報は持っていませんが(そういえばあれにも吹石さんが出てたね)、なかなかの迫力です。クライマックスにふさわしい力強さ。

 主人公の中島君はジャニーズのキラキラ感(どんなんやねん)を消すのに苦労したらしいけど、素朴感のある演技はグッド。ヒロイン広瀬アリスさんは「絶叫学級」での勘違い性悪女子高生のイメージしかなかったけど、やはりキラキラしすぎてない田舎系美少女役が適役でした。みんなから「太った?」と言われているのが失礼ながら笑った。市川知宏くんも素晴らしい。
 それにしても竹内力と哀川翔が兄弟って。(笑)

(シネシティザート)


「江ノ島プリズム」☆☆☆


 高校生の修太、朔、ミチルは小学生の頃からの親友同士だったが、ある日もともと病弱だった朔が死んでしまう。海外留学が決まったミチルを見送るために全力で走ってしまったためだった。2年後、修太は時空を移動する方法を偶然知り、それにより彼は朔が死亡する前日に戻っていた。

 過去を変えるために遁走する物語には必須と言えるタイムパラドックスにきちんと言及している割には、その扱いはかなりいいかげんで無理矢理な印象。タイムパラドックスに正解はないのだからここで描かれる現在の変化も納得せざるを得ないのかもしれないけど、僕ならそんな解釈はあり得ないな。主人公の最後の選択も個人的には何それ的で受け入れがたい。
 それらを除けば概ね楽しめました。ちょっとしたことで現代に戻ってしまうので何度もタイムトラベルを試みるくだりとか、学校から出られない伝説の少女の存在とか、花火のシーンとか、細かい部分で楽しめる幸せな映画でした。プリズムをたくさん使った光のいたずらとか、ぜひ実際に見てみたいです。実際にやったらがっかりかもしれないけどさ。

(DVD)

2014.03.12

「ヌイグルマーZ」☆☆☆

 夢子の姪、響子が誕生日に母からもらったピンクのテディベア「ブースケ」には、はるか彼方の惑星から放浪してきた宇宙生命体が寄生していた。ある日突然現れたゾンビの大群により、響子の母は死んでしまう。夢子は響子を守るためブースケと合体し、ぬいぐるみ戦士「ヌイグルマー」として生まれ変わった。

 井口昇の映画って5本目くらいだけど、静岡の映画館で観たのは初めて。時代は変わった。しかし相変わらずぶっ飛んでいる。これが井口映画の本領なのではないかな。よくこの企画通ったなというくらいのバカバカしさで、バカな僕にはぴったりだ。敵も味方も本質的にはみんなバカばっかり。こんな映画を劇場で観ちゃって、慣れてない皆さん、大丈夫ですか?(笑)
 日本映画でもゾンビ映画は実はたくさんあるけど、これだけたくさん出てくるのは珍しい気がする。気持ち悪いけど、たくさんいると笑える。

 僕は歌っている中川翔子さんのファンでCDとか買っちゃうのだけど、いわゆる“しょこたん”ベースの演技は初めてかもしれない。のびのびやっている姿は好印象。武田梨奈さんのアクションは相変わらず迫力があるね。

(静岡東宝)


「僕は友達が少ない」☆☆☆

 聖クロニカ学園に転校してきた2年生の羽瀬川小鷹はハーフで金髪という風貌のため誤解され、友達が全然できなかった。ある日、同じように友達のいないクラスメートの三日月夜空に目をつけられ、友達作りを目的とした「隣人部」の結成につき合わさせられる。

 原作等ほとんど知らず、どういうジャンルの映画かも分からず観た感じでしたが、そのおかげもあってどんどん意外な方向に話が進んでいくのが面白かったです。友達を作るために部活に入るのは分かるけど、友達を作るための部活を作るって発想はなかなか思いつかないよね。その活動が友達を作るためになっているのかどうかは怪しいけど。カラオケのシーンとか心に残るし、バーチャルなゲームシステムの扱いとかも面白くて、十分に楽しめました。隣人部のメンバーひとりひとりが個性的でグッド。ただしあの妄想少女にはちょっと引くね。(^^;)

 北乃きいさんは美人だけど、高校生にはちょっともう見えないなあ。セクシー系派手目美少女が「ジェリー・フィッシュ」の大谷澪さんだったのにびっくり。全然気がつかなかった。

(シネシティザート)



« February 2014 | Main | April 2014 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi