April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「受難」☆☆ | Main | 「人狼ゲーム」☆☆☆ »

2014.01.20

「楽隊のうさぎ」☆☆☆

 中学1年生の奥田克久は、ある日不思議なうさぎを追い掛けたことがきっかけで吹奏楽部に入部することになる。内気だった克久は吹奏楽部の仲間や先輩たちにも打ち解けて、次第に音楽に夢中になっていく。しかし経験の少ない彼はコンクールのメンバーから外されてしまう。

 生き生きとした素人中学生たちのぎこちなくも伸びやかな演技が素晴らしい。一人二人美少女と言えるような子もいるが、それ以外はみんなルックス的にも本当に自然(失礼か、この言い方(^^;))で、まるで本当のブラスバンド部がそこにあるとしか思えません。
 主人公が入部するときや初期の段階で重要な役割を果たした3年生の先輩は時が経ってしまえばあっさりと劇中から退場する。実際の部活ではそんなことは当たり前なのだけど、劇映画では卒業後も重要な役割で再登場してもいいと思うのに、卒業後は他のOB、OGと同じ扱いでさらっとしか登場しないというのが逆に印象深いですね。とことん自然なのです。
 その中学時代の喜びだけでない日常がとてもすんなりとしていてそれがとてもいいと思いました。演奏も実際に彼らがしていたらしいというのもいい。主人公の子もいいけど、意志は強そうながらもやる気や本気が表面に出てきているのかどうかはっきりしない、顧問の教師の姿がなんかいいだよね。
 それにしても主人公が明らかに目で追ったのは最初だけだった(と思う)不思議なうさぎの存在は、本当に不思議ではありました。

(静岡シネギャラリー)



« 「受難」☆☆ | Main | 「人狼ゲーム」☆☆☆ »

「日本映画の感想」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45345/58980982

Listed below are links to weblogs that reference 「楽隊のうさぎ」☆☆☆:

« 「受難」☆☆ | Main | 「人狼ゲーム」☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi