January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« June 2013 | Main | August 2013 »

2013.07.22

「桜姫」☆☆☆

 ある嵐の夜、高家の娘・桜姫は、盗みに入ってきた釣鐘の権助に襲われてしまう。しかし、権助に心を奪われてしまった桜姫は家を出、遊郭「ぢごくや」で身分を隠して遊女として働き始め、権助の右腕に刻まれた釣鐘の入れ墨を目印にし権助を探しだそうとする。

 いやあ、こんな映画とは思わなかった。ほとんど予備知識のない状態で観たので、あまりのぶっとび度に唖然としたよ。こんなにも予想を裏切ってくれた映画は久しぶりと言っていいほどで、話の展開がどうなるのかも全然わからなかったし、そもそも何をねらって作っているのかも全く分からなかったです。えーっと、このC級っぷりは笑わせようとしているんだよね? 見事に笑ったよ。やられたよ。この企画、よく通ったな。(笑)
驚くべきはこれがその辺のぽっと出の謎の映画監督が作ったわけではないことだ。どうした橋本一さん。(^^;) もしかして「相棒」や「探偵」よりもイキイキしてんじゃないの?(笑)

 主演の日南響子さんはモデル出身でグラビアなんかもしていると思うんだけど、ずいぶんとハードな濡れ場なども演じていて、正直ここまでやるのかという思いっきりの良さに驚きました。頑張ってほしいね。

(シネシティザート)


「ゾンビデオ」☆☆☆

 映像製作会社で働くアイコは偶然会社の倉庫に山と積まれていたビデオの中から「ゾンビ学入門」という作品を見つけ出す。それははるか昔に制作された、ゾンビ遭遇の際の対処方法を解説するという内容だった。時を同じくして、ゾンビ軍団が日本中に大量発生し、アイコのいる会社にも迫っていた。

 いやあ、ゆるゆるでバカバカしくて最高だね。あの真面目でゆったりした雰囲気の矢島舞美さんがこんなアホな映画でアクションに活躍しているのが妙におかしくて笑ってしまう。ゾンビが出てきたときにゾンビ撃退法マニュアルビデオが存在するとかありえなさすぎてグッド。その撃退法もいちいちバカバカしい(でもほぼ納得)のがいいね。緊張感はゼロで能天気度マックスだね。つっこみどころもありすぎて逆にすべてスルー。
 そんななか、ホラーマニアの同僚がいろんな過去のホラー映画を引用しつつも、知識では何の役にも立たないと嘆く様子が面白い。いろんな聞いたことあるホラー映画タイトルが出てきたのがうれしかったな。

(DVD)

「アイアンガール」☆☆☆

 無法者の一団クレイジードッグスに襲われていた少女アンヌは、突然現れたアイアンガールによって助けられる。アンヌによって村へ招かれた彼女は、住民たちから古文書に記された鉄の救世主ではないかとささやかれる。そんな中、アイアンガールへの報復に燃えるクレイジードッグスが村を襲撃する。

 たぶん人気AV女優である明日花キララさん主演なので、バリバリのお色気アクションなのかと思っていたらちょこっと胸を出したくらいであとはほとんどハードなアクション映画だったのでちょっと意外。たしかに見事なプロポーションをちょっとセクシーなコスチュームでガンガンと動き回るのは見ていて楽しいので十分満足ではありますが。(笑) ただそのアクションも写し方もあるでしょうけどなかなかキレもよく、AV女優であるということは忘れてしまうほどでなかなかよいですね。シリーズ化もありうる展開なので今後があったらまた観るよ。
 近未来だか異次元だかで設定は非現実的なので、謎の美少女が悪の集団から集落を守るというストーリーは勧善懲悪的で素直に楽しめました。

(DVD)

2013.07.11

「ひまわり ~沖縄は忘れない、あの日の空を~」☆☆☆

 1959年、沖縄県の宮森小に米軍ジェット戦闘機が墜落し、子供たちが多数犠牲になる。2012年、墜落事故を体験した良太の孫の琉一はゼミの仲間たちと、数年前に起きた沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事故とかつての宮森小の事故をレポートにまとめることになる。

 沖縄に米軍は必要か。米軍がいることで生じる不都合も、米軍がいることで発生する人々の安定した暮らしも、結局はどちらも否定することはたぶん誰にもできません。米軍に協力することが戦争に加担することなのか否かという疑問も、答えは出ないでしょう。ただこういったおそらくは正解は永遠に出てこないであろう重い問題に取り組むのはいいけども、正解への道を描き出すことはおろか何らかの意見を示すこともできないのは仕方がないことなのでしょうか。
 だからといって「米軍反対」だけのスローガンで映画を1本作ってしまうだけの勇気を持てというのも酷な話だし、逆もしかり。とりあえず考えろ。あとはそこからだ。うーん、うーん。

 いま話題の能年玲奈ちゃんが出演しているので観たといっても過言ではありません(笑)が、あまちゃんとは別人でさすが。この娘は見るたび違うね。

(静岡シネギャラリー)


「ペタルダンス」☆☆☆

 大学からの友人であるジンコと素子は同じく大学時代の友人であるミキが自ら海に飛び込み、入院していると聞き、彼女に会いに行こうと決める。ふとしたことで腕を怪我したジンコに代わって運転手として原木も加わり、三人は車で旅をする。

 いやー、画面が寒いなあ。どんよりした冬の曇り空の下、予想はしていたけど、予想以上に淡々としていて時折眠気が発生。昔はこういった大事件は何も起きない日常的な映画も好きだったんだけど、いつのころからか集中力が落ちてきたからか刺激の少ない映画はそこまで楽しめなくなってきてしまいました。主人公4人のキャラクターの描き分けもいいし、一つ一つの容赦も丁寧で素直に染み入る映画だとは思うんだけどね。

 とはいえ、大好きな安藤サクラさん、宮崎あおいさんの安定した名演技には惚れ惚れさせていただきました。

(静岡シネギャラリー)



「100回泣くこと」☆☆

 藤井は4年前に事故をバイク事故を起こし、その前1年間の記憶を失っていた。藤井はある日出席した友人の結婚式で佳美という女性と出会い、お互い惹かれあった二人はほどなく交際することになるが、実は二人はかつての恋人同士だった。

 二人が昔付き合っていたことも、女の子のほうが重い病気にかかっていることもかなり早い段階で明らかになるので、狙いとしてはその状況で二人がどのように想いを紡いでいくのかということなんだと思うけど、その視点で見てもどうにも盛り上がらない。事故から再会まで数年経っているにもかかわらず、その間にどんな思いで彼女が過ごしてきたのかはどうも感じ取れないし、再会したとたんにまたつき合いだすことに対する葛藤も見られない。唐突なプロポーズもある日突然再び姿を消す言い訳もいま一つ思い入れが持てず、正直何も心に響かない映画でした。
 個人的には二人の過去や再会後になぜまた消えたのかを終盤で明かすラブミステリー仕立てだったらよかったのにと思うけどね。自分がそういう映画が好きなだけなのだけど。

 あと事故シーンはコントか?ってくらいの笑撃映像で、思わず爆笑してしまいそうでした。(^^;)

(シネシティザート)



« June 2013 | Main | August 2013 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi