January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「ボクたちの交換日記」☆☆☆ | Main | 「藁の楯」☆☆☆☆☆! »

2013.04.22

「桜、ふたたびの加奈子」☆☆☆☆

 信樹と容子の一人娘の加奈子は小学校の入学式の朝、交通事故に遭い命を落としてしまう。絶望した容子は首をつろうとするが失敗する。ある日、容子は妊娠中の高校生・正美に出会う。

 Wikipedeiaで原作のあらすじを読んだら全然違う。しかも初出がハルキホラー文庫。(^^;) これはものすごい改変だ。しかもうまくいっている。

 同じように娘を持つ身としては、前半ですでに心穏やかではいられない。突然に人生で一番大切なものを失う瞬間の恐ろしさ。そのあとに続く絶望の日々には震えがくるくらい。夫婦がどうやってその苦しみを乗り越えていくのか。当初は間違いなく狂気に満たされていて、そこからどうやって一歩踏み出すのか。
 その苦しみの乗り越え方は、正直言って想像を絶する展開の中にありました。普通に考えたらそんなのありかとも思える出来事に直面し、しかしそれによって確かに一歩踏み出せるというのは実は感動的でした。あれを受け入れられない人も多いでしょうね。でも僕には感動的でした。
 伏線も素晴らしい。ああ、そういうことだったのかと後から明らかになることで驚かされる。

 実は予告編が素晴らしく、それだけで泣きそうになったよ。

(静岡東宝)

« 「ボクたちの交換日記」☆☆☆ | Main | 「藁の楯」☆☆☆☆☆! »

日本映画の感想」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「桜、ふたたびの加奈子」☆☆☆☆:

« 「ボクたちの交換日記」☆☆☆ | Main | 「藁の楯」☆☆☆☆☆! »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi