January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「アバター」☆☆ | Main | 「美代子阿佐ヶ谷気分」☆☆ »

2012.10.24

「月光ノ仮面」☆☆

 戦後2年経ったある夜。ボロボロの軍服に身を包み、顔中に包帯を巻いた男が寄席小屋へ現われ、高座に上がってしまう。どうやら男は、戦地から帰ってきたかつての人気落語家、森乃家うさぎらしいが、その記憶を失くしていた。森乃家一門の娘、弥生と結婚の契りを交わしていたうさぎは森乃家に迎え入れられる。

 観ているときは終盤まで興味を繋がれ、どうなるんだろうとワクワクしたのだけど、こうも完全に全てを放り出された形で終わっちゃうと、不完全燃焼この上なくて不満しか残ってないですよ。
 いたるところに伏線めいたものをちりばめ、主人公も謎の行動を繰り返すのに、それらはみんなどこかに行ってしまう。ええええええ~~~どういうことなの~~~~? 全然分からないよ。穴の先には何があったの? あれは誰の分のご飯だったの? 師匠、大丈夫なの? 最後の惨劇は何を意味しているの? だいたいなんでみんながみんな騙されちゃったの? 10個以上の謎を全て残して映画は突然終わりました。
 別に謎を残して終わることが悪いんじゃないのよ。謎を残すような映画じゃないのに、それを放棄するのがいかんのさ。放棄するのなら、出してくるなよ。想像して終われってか? いや、無理。明らかにちょっとズレている話は、そのズレの意味が分からないとやっぱり消化不良。こんなに消化不良を起こすなら、観なきゃよかったよ。

(DVD)

« 「アバター」☆☆ | Main | 「美代子阿佐ヶ谷気分」☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「月光ノ仮面」☆☆:

« 「アバター」☆☆ | Main | 「美代子阿佐ヶ谷気分」☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi