January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「アウトレイジ ビヨンド」☆☆☆ | Main | 「リプレイガールズ」☆☆ »

2012.10.17

「君へ。」☆☆☆

 幼なじみの晃治と小夜子は8歳の時、蛍を見に山へと入り帰りが遅くなる。大人たちは騒ぎになるが、2人はたくさんの蛍を捕まえて山から戻ってくる。その直後、病気で入院していた小夜子の母の死の報が入る。5年後、中学生になった2人は互いに恋心を寄せていたが、ある日小夜子がいなくなってしまう。

 悪い映画ではないと思います。失踪した初恋の彼女を思い続ける気持ちに違和感は感じないし、そこから伝わる苦しみや悲しみ、愛おしさには共感を覚えてしまい、とても切ない。
 ただこの映画の不満点は、彼女がいなくなる前の描写ですね。あそこで彼女に失踪する理由をにおわせ、かつそれを謎として残したままで話が進むが故に、この映画自体が青春ミステリーの体を残したまま結末を迎えるのがどうにも中途半端な印象を残してしまうのです。はっきり言って拍子抜けです。彼女がなぜ消えたのか、生きているのか死んでいるのかはこの映画の中では重要に僕は思うだけど、それはすべてあの失踪前の表現に由来してるのです。あんな思わせぶりな別れのシーンなど無く突然いなくなったほうが、この映画の結末にはふさわしいと思いました。そこが残念でした。

(DVD)

« 「アウトレイジ ビヨンド」☆☆☆ | Main | 「リプレイガールズ」☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「君へ。」☆☆☆:

« 「アウトレイジ ビヨンド」☆☆☆ | Main | 「リプレイガールズ」☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi