January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「ライク・サムワン・イン・ラブ」☆☆☆ | Main | 「君へ。」☆☆☆ »

2012.10.11

「アウトレイジ ビヨンド」☆☆☆

 関東最大の暴力団・山王会は二代目会長の加藤と参謀の石原の手腕により、ヤクザ世界のみならず政界にまで影響を与えていたが、その状況下で古参の組員たちは冷遇され不満を抱いていた。一方、組織犯罪対策課の刑事・片岡は山王会に恨みを持つ大友を刑務所から仮釈放させる。

 結局タイトルの意味がよく分からないまま第2弾。(笑) 監督は第3弾も意欲を見せているみたいだし、実際作ろうと思えば作れる終わり方ではあるので、本当にあるかもね。
 しかし男だらけでむさくるしい。女の人はどこに出ていたっけ?と思い出すのも苦労するくらい男だらけ。しかもその男ども全員が暴力的で肉食系ではっきり言って絶滅危惧種の男どもである。いまの日本を席巻しているなよっとしたにやけた男はここには一人も存在しない。いまの世の中、どこにこんな世界があるというのだ。
 つまりはこの映画はファンタジーである。魔法遣いや宇宙人が戦いあう映画と大した差は無いといっていいでしょう。あまりにも空想的過ぎて、痛みも恐怖も感じられないのよね。だからといってはなんだが、徹底的に痛めつけられて殺されてしまう人たちを見ても、ついついちょっと微笑んでしまうのは、間違いではないでしょう。もともと人がいっぱい死んでいく映画は好きだけど、この映画も好きといってもいいでしょう。楽しかった。それだけははっきりと言えるのでした。

(シネシティザート)

« 「ライク・サムワン・イン・ラブ」☆☆☆ | Main | 「君へ。」☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「アウトレイジ ビヨンド」☆☆☆:

« 「ライク・サムワン・イン・ラブ」☆☆☆ | Main | 「君へ。」☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi