January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「荒川アンダーザブリッジ」☆☆☆☆ | Main | 「まほろ駅前多田便利軒」☆☆☆☆ »

2012.04.02

「キツツキと雨」☆☆☆☆☆!

 ある日木こりの岸克彦はゾンビ映画の撮影にやってきた若手映画監督の田辺幸一と出会う。なりゆきから田辺たちを撮影現場まで案内することになった克彦は、そのまま頼まれてゾンビのメイクでエキストラ出演することになる。

 泣けた泣けた。僕も小さな映画でエキストラに行ったことがあってその映画の端っこにチラッと映っていただけで妙に嬉しかったので、主人公が小さく画面に映っている自分にとても嬉しそうな顔をするのがとてもよく分かります。少しでもどんな形でも映画の制作に関わったことがある人なら、その現場に触れた主人公の気持ちはとてもよく分かるでしょう。エキストラとして映画に協力する村の人々の楽しそうな姿もとても羨ましいじゃん。
 またその映画製作を通じて主人公と息子との関係性が変化していくところとかもマジ泣ける。映画監督のほうもどんどん成長していくのがいいしね。
 ついでに言えば劇中劇の映画のラストシーンには驚きました。そんな展開になるなんて、あの監督は天才ではないかね。

 何から何まで大絶賛。名作と言っていいでしょう。

(新静岡シネシティザート)

« 「荒川アンダーザブリッジ」☆☆☆☆ | Main | 「まほろ駅前多田便利軒」☆☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「キツツキと雨」☆☆☆☆☆!:

« 「荒川アンダーザブリッジ」☆☆☆☆ | Main | 「まほろ駅前多田便利軒」☆☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi