January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「はさみ hasami」☆☆☆☆ | Main | 「奇跡」☆☆☆ »

2012.03.05

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」☆☆☆☆

 昭和39年。オリンピック開催を控えた東京で、下町の夕日町三丁目では相変わらず個性豊かな住民たちが元気に暮らしていた。小説家の茶川竜之介はヒロミと結婚してもうすぐ子供が生まれる。茶川は「冒険少年ブック」で連載を続けているが、人気の新人小説家が現れる。向かいの鈴木オートに住み込みで働く星野六子は、毎朝通勤途中の医者、菊池とすれ違うためにおめかしをして家を出て行く。

 もうこのまま、何年かに一回ずーっとこのシリーズを撮り続けていこうよ。そしてこの町の人々が高度成長期からバブルの時代、そして経済が成長の止まる平成の世までどう生きていくのかを追いかけていきましょうよ。そのくらいこの人たちの今後が見てみたい。僕はこのシリーズが大好きです。今回の映画で完結という印象は全くないので、さらに続けてきちんといつの日か完結させてほしい。次は万博に行こう。ちなみにもうすぐ僕が生まれます。(笑)
 ただ逆にこの映画を1本1本で評価するのはどんどん難しくなっていますね。この映画の六ちゃんや淳之介の姿に感動できるのも、前の2本があってこそだもんね。これはシリーズ映画の宿命ですね。

 「ヒミズ」観たあとにコレを観るとちょっと楽しいかも。

(MOVIX清水)

« 「はさみ hasami」☆☆☆☆ | Main | 「奇跡」☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」☆☆☆☆:

« 「はさみ hasami」☆☆☆☆ | Main | 「奇跡」☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi