January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「DOG×POLICE 純白の絆」☆☆☆ | Main | 「名前のない女たち」☆☆ »

2011.11.03

「カケラ」☆☆

 なんとなく毎日を過ごしていた大学生のハルは、カフェで見知らぬ女、リコに声をかけられる。同性からのナンパに戸惑うハルだったが、彼女のことが気になり、連絡をとることにする。ハルからの電話を受けて喜ぶリコはハルをデートに連れ出す。

 女同士の恋愛ドラマとかって、どうも気分が悪いものが多いのでもう観ないつもりだったんだけど、”満島ひかり主演”の看板に引きずられてまた観てしまった。結論から言えば、観なくてもよかったよ。
 恋愛は障害があるほど燃えるらしいけど、女同士だと最初から障害が用意されていてそれが最後まで取り除かれない状態なので、他に目立った障害はあまり用意されません。普通の恋愛ドラマならその取り除けるはずの障害を取り除こうとして話が進むことが多いのですが、女同士だとその障害を取り除けないからいかにしてその障害を乗り越えるか、もしくはその障害を無視するかという展開になります。そして多いのがそれを無視することを目指す女です。
 しかしこの世界で生きている限り、その女同士だから生じる障害を無視することは難しい。難しいのに、それを無理して無視しようとするから世間との間に軋轢が生じます。だから同性愛映画の女は世間に対して攻撃性が高く、いつもイライラしていることが多いです。そんな女を僕は愛することができません。だから、毎回腹がたって終わるのです。居酒屋のシーンとか、もうホント、観てらんない。

 しかしラストはよく分からなかった。あのあとどうなるの?

(DVD)

« 「DOG×POLICE 純白の絆」☆☆☆ | Main | 「名前のない女たち」☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カケラ」☆☆:

« 「DOG×POLICE 純白の絆」☆☆☆ | Main | 「名前のない女たち」☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi