January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「時をかける少女」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆!!! | Main | 今年は無駄遣いをする決意 »

2011.03.09

「海炭市叙景」☆☆☆☆

 北海道の海炭市。造船所を解雇された兄とその妹は初日の出を見るために山に登った。老婆は立ち退きを迫られているがその家を離れようとしない。プラネタリウムで働く男は飲み屋でバイトする妻の浮気を疑っている。帰郷して来た息子は父と会おうとしない。父親から継いだガス販売会社の社長の家庭はうまくいっていない。

 オムニバスのどれもこれもがただただ日常的な話でしかないのに、どうしてこんなに面白いんでしょうか。当事者にとって見れば人生の一大事であることばかりではあるのだけど、映画的、ドラマ的には大きな事件はほとんど起きません。それでもこの話はどうなっていくんだろうという興味が全然切れず、2時間半くらいある長い映画でしたが、あっという間でした。
 人それぞれの人生にはみんなドラマがあり、さだまさしの詩のごとくその人生ではそれぞれが主人公です。ただ日常を描くだけでもそれぞれのドラマがたくさんあり、みんな苦しんだり喜んだりして生きているのですよね。
 それぞれの話はかすかにだけ繋がっていて大きく流れに収束していくようなこともありませんでした。世界はいろんなドラマが少しずつ重なり合ってできているんだなと、しみじみ思うのでした。

 しかし半端ない数の撮影協力者のクレジット。町のみんなで作り上げた映画なんですね。いいな。

(静岡シネギャラリー)

« 「時をかける少女」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆!!! | Main | 今年は無駄遣いをする決意 »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「海炭市叙景」☆☆☆☆:

« 「時をかける少女」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆!!! | Main | 今年は無駄遣いをする決意 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi