April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« October 2010 | Main | December 2010 »

2010.11.09

「シャッター」☆☆☆☆

 ブルックリンに住むベンとジェーンは結婚式を挙げた後、ハネムーンとカメラマンであるベンの仕事を兼ねて日本へ向かう。しかし山中のコテージへ向かう途中に夜の道で女性を轢いてしまう。気を失った二人が目を覚ますと、轢かれたはずの女性の姿はなく、誰かを轢いた痕跡も無かった。数日後、コテージで撮った写真には白いなにかが写り込んでいた。

 基本的に僕が好きなタイプの謎解き方のホラー。いや、なかなか怖いし、なかなか面白いんじゃないかな。最初全然明らかになっていなかった事実が次々と明らかになっていく様子が興味を繋ぐし、それら一つ一つがどれも衝撃度が高いことばかりなのでかなり面白かったです。
 しかしこれ観ちゃうと写真撮ること自体がめちゃ怖くなるね。端っこになにか覚えの無いものが映っていたらとか考えちゃうと〜。それにしてもあの展開であってもなお写真を現像しようとする君たち、ちょっと想像力無さすぎ。(笑)

(TV)

「雲のむこう、約束の場所」☆☆☆

 1996年、北海道は「ユニオン」によって占領され、日本は津軽海峡を挟んで南北に分割されていた。蝦夷と呼ばれる北海道には天高くそびえ立つ「ユニオンの塔」が立っている。青森に住む中学3年生の藤沢浩紀と白川拓也は、自分たちの飛行機でユニオンの塔まで飛ぶことを夢見ていた。2人は仲良くなった同級生の沢渡佐由理を塔まで連れて行くことを約束するが、佐由理は突然その姿を消す。

 数年前から見逃して気にはなっていた新海誠のアニメをやっと観ました。現実とは異なった歴史を歩んだ世界の”日本”が舞台と言うことで、その世界観を受け入れられるかどうかが結構重要なポイントではないかと思います。だからその世界の全容がほぼ完全に明らかになるのかどうかというのを期待してしまうのが僕のスタンスなのですが、この映画では完全には何が起きているのかが明らかになりませんでした。要は観客の解釈に任せるというヤツです。実は僕はそれがあまり好きではありません。終盤の大事件がなんだったのか、きちんと真実を教えて欲しかったです。
 その世界的パニックの中で描かれる少年少女の淡いラブストーリーは嫌いじゃないけどね。少年たちの夢の実現にまつわる展開もいいしね。まあまあかな。

(DVD)

2010.11.08

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」☆☆

 ある実験の被験者になる7日間のアルバイトで時給11万2000円がもらえるという募集に釣られて10人の男女が暗鬼館と呼ばれる施設に集まってきた。そこには不可思議な多くのルールがあった。そして2日目の朝、参加者の1人が死体で発見される。

 ふつーさー。バイトで集められた「一般人」10人のうちの1人が殺されたら、犯人は他の9人の誰かって言うよりは9人に含まれない誰かが他にいるって考えるんじゃないのかね。何でハナから誰が犯人なんだとか思うんでしょうか。しかも人数がどんどん減っていってもそう思い続けるなんて。あの人たちは僕とは思考回路が違うね。人数が少なくなってきても緊迫感は上がっていかないし。あんな状況でペアで見回りとか、どんだけ信頼しあってんだよとか思う。甘い。甘すぎる。
 あの施設の存在意義のからくりについても、ちょっと情けない思い。そんな施設が存在できるわけ無いじゃん。あそこは今の日本とはあまりにもかけ離れすぎているのね。甘い。甘すぎる。あと個人的には序盤からどう考えても一番怪しいと思っていたあの人が、やっぱりな役割を担っていたので更にガッカリしました。

 人がたくさん死ぬ映画は面白いので(すみません(^^;))、観ている間はまあ退屈もしないのだけど、ふりかえるとダメな映画だったなあとやっぱり思ってしまう。もう少し考えよう。

(静岡ピカデリー)

「桜田門外ノ変」☆☆☆

 江戸時代終盤の安政4年、大老井伊直弼は水戸藩を弾圧し、安政の大獄と呼ばれる改革を断行していた。それに対し水戸藩士たちは井伊暗殺を企てる。その指揮は関鉄之介が取ることとなった。雪の降る中、暗殺は決行される。

 名前はよく聞くものの、細かい内容まではよく知らなかったこの事件を詳しく知ることができたのは良かったと思います。まあ言うなればたしかにテロリストの話ではあります。主人公がテロリスト側なので殺したほうに理があり、殺されたほうが悪のように描かれていますが、本当に井伊直弼が悪いヤツだったのかは、実際には判断が難しいところではありますね。この映画を観てもなおそう思います。
 クライマックスの桜田門外の変を前半に描いてしまい、その前後の話をじっくりと描いていく構成はたしかに面白い。クライマックスが最後にあると、そこを早く描いて欲しいとイライラしちゃったりすることもありますが、先にそこを見ちゃっておけば、あとは心落ち着いて物語を観ることができると言うものです。まあこういうのもいいでしょう。

 しかし時代劇多すぎ。(笑) あとで振り返るとどれがどれだか分からなくなりそうだわ。

(MOVIX清水)

« October 2010 | Main | December 2010 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi