January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「失恋殺人」☆☆ | Main | 「すべては海になる」☆☆☆☆ »

2010.09.23

「東京島」☆☆☆

 クルーザーで夫・隆と世界一周旅行に旅立った清子だったが、嵐に遭い遭難、漂着したのは無人島だった。その後、16人のフリーターたち、6人の中国人たちが島に漂着する。やがて隆はがけから転落死し、唯一の女である清子は男たちの中で生きていくことになる。

 まずプロローグもほとんどナシにいきなり漂流した島での生活が始まっているのに驚きました。そしてあっという間に旦那が死んでしまう展開の早さに圧倒されました。その後も男ばかりの中に一人だけ女の人がいたら、その女がどういう扱いを受けるのかという点で、こういうこともありうるだろうなあと興味深く観ることができました。
 ただいくらなんでも島が安全すぎるだろうとか、食べ物で全然困らないってのもなあとか、誰も強姦しようとしないのかよとか、多少現実離れしている感があるのも気にはなりましたね。

 しかし木村多江さんってのが絶妙だよなあ。いままでのイメージからすればミスキャスト気味ではあるのだけど、実際観ちゃうと超美人でもないのにチヤホヤされ、自分のためには恨まれても仕方がないがごとく行動力を示し、結局誰よりもたくましく生きていくことになる主人公にはぴったりでした。美人過ぎてもダメだし、たくましすぎてもダメでしょう。よく選んだよ。

(静岡ミラノ)

« 「失恋殺人」☆☆ | Main | 「すべては海になる」☆☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「東京島」☆☆☆:

« 「失恋殺人」☆☆ | Main | 「すべては海になる」☆☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi