January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「ねじりん棒」☆☆☆ | Main | 「童貞放浪記」☆☆☆ »

2010.09.05

「ちょんまげぷりん」☆☆☆☆

 遊佐ひろ子と息子の友也の前に現れた木島安兵衛は、江戸時代からタイムスリップしてきた侍であった。帰る方法もわからない安兵衛は遊佐家の居候になり、家事全般を引き受けることになる。ふとしたことからお菓子作りをはじめた安兵衛は、ケーキコンテストに出場することになる。

 これは面白かった。江戸時代から現代にやってきた侍の反応としては冷静すぎるし、現代の生活や道具にいくらなんでも適応力が高すぎるんじゃないかというような点は感じてしまうのだけど、それを除けば現代にやってきた侍が巻き起こす騒動がとても楽しく見れちゃうし、最初はぎこちない現代側の人も彼の存在によって変わっていく様子がとても気持ちがいい感じ。最初から最後までとても楽しく観れました。
 錦戸君もなかなかよかったけど、久しぶりに見た気のするともさかりえさんがとてもよかったよ。

(静岡シネギャラリー)

« 「ねじりん棒」☆☆☆ | Main | 「童貞放浪記」☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ちょんまげぷりん」☆☆☆☆:

« 「ねじりん棒」☆☆☆ | Main | 「童貞放浪記」☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi