January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「告白」☆☆☆☆ | Main | ガンダム大地に立つ! »

2010.06.15

「月とチェリー」☆☆☆☆

 大学に入学したばかりの田所健一はいつのまにか官能小説サークルに入るハメになる。彼が歓迎会の席で出合ったサークル唯一の女性の真山葉月は彼が童貞であることを見抜き、後日突然田所を呼び出してその童貞を奪ってしまう。実は当の真山は執筆中の小説のために、童貞の彼の反応が知りたいのだった。それを知り傷つく田所だったが、その後も真山に呼び出されては身体を重ねるようになる。そうこうしている間に田所はいつのまにか真山のことが気になってきてしまう。

 笑った。そしてとても面白かった。いまをときめく(?)タナダユキ監督が数年前に撮った映画。話が話だけにエロいシーンも満載なのだけど、実は男の真っ直ぐな純情を描いた青春ラブストーリーでした。結構切ないのだ。
 小説のためには自分はおろか他人の身体も徹底的に利用しようとするヒロインの姿は痛快。自分の周りにもしいたら迷惑ではあるけども、でもよーく考えるとちょっといて欲しい気もしちゃうところがいつもながらの男の性ね。(笑)
 そんなヒロインにいつしか惹かれてしまう主人公の気持ちはホント、純情そのものでとても切ない。自分に思いを寄せてきた美少女と付き合ったりするけど、それはそれでうざったく思ってしまうのは、ヒロインにすっかり馴染んじゃったからなのね。ヒロインに教わったおかげでこの美少女が驚くほどセックスが上手になっているってのがおかしいなあ。
 最後近くに明らかになる事実は何を今更とか、ああやっぱりとか言う類のもので驚きはないのだけど、実はそうではないと思っていたかったなあ。この事実設定のためにちょっとだけ評価が下がりました。残念。

(DVD)

« 「告白」☆☆☆☆ | Main | ガンダム大地に立つ! »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「月とチェリー」☆☆☆☆:

« 「告白」☆☆☆☆ | Main | ガンダム大地に立つ! »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi