January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「ヒーローショー」☆☆ | Main | 「ボックス!」☆☆☆☆ »

2010.06.03

「天国にいちばん近い島」☆☆

 急死した父親の葬儀を終えた高校生の桂木万里は、父がかつて話していた「天国にいちばん近い島」に行きたいと思い、冬休みを利用してニューカレドニアに一人で旅立つ。そこで彼女はいろいろな人と出会い成長する。はたして万里は天国にいちばん近い島を見つけることができるのか。

 DVDが中古で安かったので買って観てしまいました。これもなんか昔にテレビで観たような覚えがあるんだけど、こうした改めて観なおしてみるとほとんど覚えていない。でも知世ちゃんが海でエイを踏んづけて倒れるシーンとかの地味な部分で記憶があったりするから、たぶんなんかテレビで流れているのをいーかげんに観ていたことはあるんでしょう。
 しかし正直どーでもいい映画ではあります。「時をかける少女」や「さびしんぼう」の頃の、僕が大好きだった時期の大林さんの映画ではありますが、これはアカンです。(笑) DVDのメイキングで大林さんが「ほとんど演技に注文をつけずに、ドキュメンタリー的に撮った」みたいなことを言っているんですが、たしかにその通りで、ストーリー自体も有るような無いような状態でタダひたすら原田知世ちゃんの姿を写し取っているだけ。天国にいちばん近い島が見つけられるのかとか、海外で一人ぼっちで困難に出会う女子高生の大変さとか、全くハラハラもしないでのほほんとしてばかり。ちょー幸せなだけの映画でした。

 しかし幼い娘が一人で海外に出かけ、1週間の予定なのにそれで帰ってこなかったりしたら母親はどんだけパニックになることかいな。全然騒ぎもしないで帰宅を迎えた母ちゃん、根性座りすぎ。(笑) あと万里ちゃん、いくらなんでも行動力ありすぎだし、ツアーなのに勝手すぎ。しかもツアーであんなに勝手にふるまって問題にならなすぎ。当時はあんなだったのかね。平和だね〜。

 ところでつい最近になってPaboが歌ってた「グリーンフラッシュ伝説」がこんなところで使われていたのにビックリ。昔からあった伝説なのね。景色はチョーキレイ。

(DVD)

« 「ヒーローショー」☆☆ | Main | 「ボックス!」☆☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「天国にいちばん近い島」☆☆:

« 「ヒーローショー」☆☆ | Main | 「ボックス!」☆☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi