January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」☆☆☆☆ | Main | 「板尾創路の脱獄王」☆☆☆ »

2010.04.01

「幸福」☆☆☆☆

 ある日の午後、書店で乱射事件が起こり、その被害者の中に刑事の北の恋人、庭子がいた。北の先輩刑事の村上はその事件の担当となるが、その捜査過程で庭子の複雑な境遇を知る。また彼は妻に家出され、自分ひとりで育てている二人の子供との関係に悩んでいた。

 とても面白かったです。犯人は何のために、誰を狙ったのかといったミステリチックな展開と、殺された彼女がどういう人物だったのかがだんだん分かってくる人間ドラマ、そして奥さんに逃げられて子供と暮らす主人公の日常の厳しさや苦しさなど、いろんな要素が組み合わさっていながらバラつきがなく、どれも見事に伝わってくる素晴らしき演出にとても感心しました。
 今は亡き市川崑監督の30年位前('81)の映画ですが、あの時代だから出来たとも言える淡々としながらダイナミックな展開にはやられましたね。当時の技術で作られた”シルバーカラー”なる銀残しの映像は最初は古いからかと思っていましたが(^^;)、実は最近でもよく使われる手法の最先端だったとのこと。そこに価値を見出せるかどうかは人それぞれでしょうが、とりあえずは(笑)素晴らしいと言っておきましょう。

 水谷豊さん、中原理恵さんが若いなあ。永島敏行さんはあまり変わらないね。

(TV)

« 「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」☆☆☆☆ | Main | 「板尾創路の脱獄王」☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「幸福」☆☆☆☆:

« 「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」☆☆☆☆ | Main | 「板尾創路の脱獄王」☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi