January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「今度は愛妻家」☆☆☆ | Main | 「呪怨 黒い少女」☆☆☆☆ »

2010.01.20

「今度は愛妻家」のネタバレ感想

 この発言はネタバレです。注意。


 この映画の新聞宣伝で、観た人それぞれのコメントが載っているのを見たんだけど、多くの人が「驚きの展開」だの「多くを語れない」だの書いているのを鑑賞前に読んじゃったんだよね。それって秘密やオチがある映画って宣言しているようなものじゃない。この題材でオチがあるってことは、もうその時点で「あーこの映画はどちらかが死んでいるな」って思っちゃいましたよ。しかも試写会だったんだけど、上映前の説明で「ラブファンタジー」とか言ってんの。(^^;) もう観始める前から確信でした。始まって2分後には死んでいるのはこっちって分かったし。隠して驚かせたいのなら徹底的に隠さないとね。
 それに行定さんって「クローズドノート」でもそうだったんだけど、伏線の張り方がストレートすぎて秘密のある映画には向いてないと思うんだよね。最初から部屋が散らかっているとか、井川遥さんの態度とかさ。
 もう最初からさくらさんの事故のシーンから始まって、旦那が帰宅したらそこに生き返ったようにいた、みたいな流れで描いていったほうが絶対によかったよ。唯一驚いたのは石橋さんとさくらさんの関係でしたが、サプライズはこれだけにしておいたほうが僕はよかったと思います。

« 「今度は愛妻家」☆☆☆ | Main | 「呪怨 黒い少女」☆☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「今度は愛妻家」のネタバレ感想:

» 「今度は愛妻家」大切な人にありがとうと言いたくなる [soramove]
「今度は愛妻家」★★★★ 豊川悦司、薬師丸ひろ子主演 行定勲監督、131分 、 2010年1月16日公開、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「北見俊介(豊川悦司)はかつては売れっ子のカメラマン、 今は仕事もせずいわばプータロー生活。 クリスマス直前のある日、俊介は妻のさくら(薬師丸ひろ子)に せがまれて沖縄へと2人で出かける。 しかし、その日を境にさくらと俊介に微... [Read More]

« 「今度は愛妻家」☆☆☆ | Main | 「呪怨 黒い少女」☆☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi