January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「やりたがる女4人」☆☆☆ | Main | 「空気人形」☆☆☆☆ »

2009.12.15

「釣りバカ日誌20 ファイナル」☆☆☆

 一足先に観ることができました。

 「釣りバカ」は今年は観ようかなと毎年毎年思うのだけど、ついついスルーし続けて早幾年。調べたら「花のお江戸の」を'99年1月に観たのが最後らしい。僕にとって21世紀初の「釣りバカ日誌」が最後の「釣りバカ日誌」となりました。ちなみに初期は結構観ていたので通算9本目です。
 10年ぶりであっても10年前に持っていたイメージが現在も全く変わっていないことは驚きと言えば驚き。「寅さん」も基本的にはそうだったように、同じような内容で何十年も続けられるってことは、それだけ作りがしっかりしているってことなんでしょうかね。
 しかし10年間で社長だったスーさんが会長になり、3、4本目くらいで生まれた息子の鯉太郎くんがすっかり青少年になっていたのを知り、時間の流れを知る。佐々木さんもいないし。原作漫画はその10年間も欠かさず読んでいたので、両者の世界が何気に大きく離れていたことにも驚きました。鯉太郎はずっと子供だもんね。

 映画そのものとしてはオーソドックスな人情喜劇で、特に深くも浅くも無い、意外性もなければ大きな感動も無い、しみじみほのぼのと観ていられるよい映画でした。スーさんの引退をめぐるシリーズラストを飾るにはなかなかふさわしい展開で、ラストでスーさんに贈られる大拍手はそのまま三國さんに贈られる拍手そのものでした。本当にお疲れ様でした。

 「釣りキチ三平」でも釣りキチだった塚本高史くんがここでも釣りバカだったのにチョイ笑った。

(静岡ピカデリーZERO)

« 「やりたがる女4人」☆☆☆ | Main | 「空気人形」☆☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「釣りバカ日誌20 ファイナル」☆☆☆:

« 「やりたがる女4人」☆☆☆ | Main | 「空気人形」☆☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi