January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「腐女子彼女」☆ | Main | 「釣りバカ日誌20 ファイナル」☆☆☆ »

2009.12.15

「やりたがる女4人」☆☆☆

 作家である夫を亡くした妻・依子は、彼の小説に書かれた海の岩場を訪れる。するとそこへ突然女優の冬子が現れる。彼女はかつて依子の夫と関係があり、同じように彼の小説の言葉に導かれここへ来たのだった。そのふたりの前に、彼の秘書をしていた葵、さらにもう一人の女子大生奈緒が現れる。

 お話としては別に面白くもなんとも無い。旦那が死んだ後に不倫相手が出てくるなんて話はいくらでもあるし。「魂萌え」とかね。ただまあその人数が多いのが特徴と言えば特徴か。思い出の場所で話をしていたら次から次へと不倫相手がその場所にやってくるのはちょっとバカバカしくもあるけど、回想シーンで不倫シーンのたびに旦那がだんだんやつれていくのがおかしい。
 男の場合、浮気するかしないかは9割方チャンスがあるかないかだけだと思います。チャンスが向こうから来ればほとんどの男が浮気するだろうし、そうでない場合はそのチャンスを作ろうとするかどうかで決まるのでしょう。チャンスがやっては来ず、チャンスを作ろうともしない男が浮気しないのです。僕はチャンスを作る能力も勇気もありません。ましてやあっちからチャンスなど来るわけもありません。この映画の旦那のようにチャンスを積極的に作り、しかも向こうからもやってくるような羨ましい奴はとっとと死んでしまえっ。あ、死んだのか。(笑)

 里見瑶子、藍山みなみ、華沢レモン、平沢里菜子競演という、ピンク映画としてはなかなかの豪華メンバー。それぞれの濡れ場も見応えがありまっせ。

(DVD/タイトルは「いやらしい唇 魔性の舌づかい 」)

« 「腐女子彼女」☆ | Main | 「釣りバカ日誌20 ファイナル」☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「やりたがる女4人」☆☆☆:

« 「腐女子彼女」☆ | Main | 「釣りバカ日誌20 ファイナル」☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi