January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「色即ぜねれいしょん」☆☆☆ | Main | 「カイジ 人生逆転ゲーム」☆☆☆ »

2009.10.28

「沈まぬ太陽」☆☆☆☆

 国民航空に勤め、労働組合委員長を務めた恩地元は経営陣と対立し社員の待遇改善を勝ち取るが、その報復として10年以上も僻地の海外勤務を強いられる。それは恩地にとっても家族にとってもつらい日々であった。恩地が日本に帰った後も不遇の日々を送る中、500人以上の乗客の乗ったジャンボ機が墜落する事故が起きる。恩地は遺族係として対応することとなる。

 3時間22分と長い映画とは言え原作のボリュームからすると全体的に詰め込みすぎな感はあるし、不遇の海外勤務時代と事故以降の時代の連続性、関連性に多少の希薄さを覚えるし、主要登場人物の年齢設定が全く分からん(少なくとも画面ではほとんど歳を取ってない)など、映画作品としてはそこそこと言う感は否めません。
 しかし画面から伝わってくるメッセージ性とエンターテイメント性はものすごい迫力だし、何より描かれている内容がものすごい! 明らかにモデルとなったあの航空会社から抗議と非難が出ているのは何一つ不思議ではありません。現状極めて悪くなっているあの会社のイメージがこれを観ることで更に悪化してしまうのは致し方ないでしょう。これ観てあの会社に入りたいと思う人も少ないだろうし、あの飛行機に乗るのもちょっとためらってしまいますね。
 飛行場で飛び去る飛行機がCGだったのが残念だったけど、そりゃあ本物の飛行機をこの映画に撮らせてくれる会社はちょっとないだろうなと思いますわ。

 映画の出来としては賞を取ったりランキング入りしたりすべきものではないと思うのだけど、この映画を作って公開したという意気込みはそれらの評価を凌駕するほどの価値があります。この映画に賞を与えるとしたら日本アカデミー賞でしょう。日本アカデミー賞にはこの映画に作品賞を与えるほどの気概を持ってもらいたいです。

 それにしても開始直後に起きた事故の描写であっという間に泣かされてしまうのにはやられたね。

(静岡東宝)

« 「色即ぜねれいしょん」☆☆☆ | Main | 「カイジ 人生逆転ゲーム」☆☆☆ »

日本映画の感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「沈まぬ太陽」☆☆☆☆:

« 「色即ぜねれいしょん」☆☆☆ | Main | 「カイジ 人生逆転ゲーム」☆☆☆ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi