April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« December 2007 | Main | February 2008 »

2008.01.11

キネマ旬報ベストテン2007

 2007年度のキネマ旬報ベストテンと個人賞が発表になりました。結果は以下の通りです。(敬称略)

日本映画

1位 「それでもボクはやってない」
2位 「天然コケッコー」
3位 「しゃべれどもしゃべれども」
4位 「サッドヴァケイション」
5位 「河童のクゥと夏休み」
6位 「サイドカーに犬」
7位 「松ヶ根乱射事件」
8位 「魂萌え!」
9位 「夕凪の街 桜の国」
10位 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

監督賞   周防正行 「それでもボクはやってない」
脚本賞   周防正行 「それでもボクはやってない」
主演男優賞 加瀬 亮 「それでもボクはやってない」「オリヲン座からの招待状」
主演女優賞 竹内結子 「サイドカーに犬」「クローズド・ノート」「ミッドナイトイーグル」
助演男優賞 三浦友和 「転々」「松ヶ根乱射事件」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
助演女優賞 永作博美 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
新人男優賞 林 遣都 「バッテリー」
新人女優賞 蓮佛美沙子「転校生 さよならあなた」「バッテリー」

 おー「キサラギ」入ってないじゃん。っていうのがまずサプライズ。キネ旬は入るけど日アカは入らないというのが大方の予想(誰の?(^^;))でしたでしょう。まさか逆とは。

 それ以外はなんと無難なランキング。どれもベストテンに入ってておかしくない映画ばっかりだもんね。入ってなくて残念なものはあれど、入ってて疑問というのは見当たらない。せめて次点だったという「愛の予感」くらい食い込んでいれば言うこともあったのに。(観てないけど)
 しかし10本中8本観ているけど、そのうち5本が地元ミニシアターの静岡シネギャラリーでの鑑賞。観てない2本もシネギャラでやってて行けなかったもの。本当にシネギャラには足を向けて寝れません。シネコンレベルで観れたのは「それボク」と「クゥ」「しゃべれども」くらいなんだから、結局いまの映画界をきちんと示しているとは言えるかも。(静岡では「クゥ」と「しゃべれども」もシネコンのMOVIX清水で上映されましたが他の地方では上映されてないかな)
 しかし山下さんの2本(「コケッコー」「松ヶ根」)強いなあ。どっちも良さがよく分からなかったんだっよね。(^^;)

 個人賞は三浦さんが注目外だったけど、それを含めてみな妥当といえば妥当。永作さんの受賞ラッシュはribbonのライブビデオを持っている(笑)身としては感慨無量だね。新人女優賞は夏帆さんが対象外だったのか?

 ちなみに外国映画は(1)「長江哀歌」(2)「善き人のためのソナタ」(3)「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(4)「クィーン」(5)「バベル」(6)「やわらかい手」(7)「ドリームガールズ」(8)「ボルベール〈帰郷〉」(9)「ゾディアック」(10)「パンズ・ラビリンス」。うーん「バベル」しか観てないよ。(笑) 文化映画作品賞は「ひめゆり」ね。

2008.01.06

日本インターネット映画大賞 日本映画に投票する

外国映画に引き続き、日本映画も投票しました。投票場所はfolomyの日本映画街フォーラム( http://folomy.jp/heart/?m=pc&a=page_c_home&target_c_commu_id=55 )。

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
「夕凪の街 桜の国」   5点
「幸福な食卓」      5点
「エクスクロス 魔境伝説」5点
「河童のクゥと夏休み」  4点
「聴かれた女」      4点
「そのときは彼によろしく」2点
「包帯クラブ」      2点
「スマイル 聖夜の奇跡」 1点
「映画監督になる方法」  1点
「机のなかみ」      1点

【コメント】
 他の方の投票が多そうな「それでもボクはやってない」「キサラギ」は好きだけどここではあえて外し、点をあげたい映画を選びました。

-----------------------------------------------------------------
 以下全て敬称略。

【監督賞】              作品名
   [ 原 恵一 ] (「河童のクゥと夏休み」)

【コメント】

 「それでもボクはやってない」の周防正行さんと悩みましたが、しんちゃんで見せていたキレのよさが、題材によるものではないと証明した原さんに。その他「夕凪の街 桜の国」の佐々部清「幸福な食卓」の小松隆志「エクスクロス 魔境伝説」の深作健太「机のなかみ」吉田恵輔あたり。

【主演男優賞】
   [ 豊川悦司 ] (「犯人に告ぐ」)

【コメント】

 「サウスバウンド」「愛の流刑地」も加味。ただしこれだ!というにはやや弱い。「包帯クラブ」の柳楽優弥「しゃべれどもしゃべれども」の国分太一「アヒルと鴨のコインロッカー」の瑛太「舞妓Haaaan!!!」の阿部サダヲ「悪夢探偵」の松田龍平「映画監督になる方法」のまんたのりお「象の背中」の役所広司「子宮の記憶ここにあなたがいる」の柄本佑「それでもボクはやってない」の加瀬亮「遠くの空に消えた」と「Little DJ」の神木隆之介「蟲師」のオダギリジョー「なま夏」の三島ゆたかあたりが気になりました。

【主演女優賞】
   [ 石原さとみ ] (「包帯クラブ」)

【コメント】

 ある意味本命の「夕凪の街 桜の国」の麻生久美子とある意味大穴の「聴かれた女」の蒼井そらとで悩みました。石原さとみは細かい感情の動きを演じるのが本当にうまいですね。その他「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の佐藤江梨子、「さくらん」の土屋アンナ、「そのときは彼によろしく」の長澤まさみ、「暗いところで待ち合わせ」の田中麗奈、「バブルへGO!!」の広末涼子、「悩殺若女将 色っぽい腰つき」の吉沢明歩、「机のなかみ」の鈴木美生、「幸福な食卓」の北乃きいなどが気に入っています。

【助演男優賞】
   [ 勝地 涼 ] (「幸福な食卓」「東京タワー」)

【コメント】

 文句なし。両演技共に素晴らしく、今年一番の成長株でしょう。その他は「そのときは彼によろしく」「それでもボクはやってない」の小日向文世、「アヒルと鴨のコインロッカー」の松田龍平、「監督・ばんざい!」の井手らっきょ、「キサラギ」「14歳」他の香川照之、「ミッドナイトイーグル」の吉田栄作など。

【助演女優賞】
   [ 永作博美 ] (「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「気球クラブ、その後」)

【コメント】

 これも文句なし。他は寄せ付けませんね。「蟲師」の蒼井優、「ゲゲゲの鬼太郎」の田中麗奈、「Little DJ」の福田麻由子、「エクスクロス」の小沢真珠、「映画監督になる方法」の町田マリー、「舞妓Haaaan!!!」の小出早織なども好きだけどね。

【新人賞】
   [ 北乃きい ] (「幸福な食卓」)

【コメント】

 「机のなかみ」の鈴木美生と迷うけど、引退してしまった鈴木美生よりは今後も期待できる彼女の方を。しかし今年は新人は豊作でした。「赤い文化住宅の初子」「16」「海と夕陽と彼女の涙」の東亜優、「恋するマドリ」「恋空」「ワルボロ」の新垣結衣、「あなたを忘れない」のマーキー、「転校生」「バッテリー」の蓮佛美沙子、「恋しくて」の山入端佳美、「映画監督になる方法」の町田マリー、「しゃべれどもしゃべれども」の国分太一と森永悠希、「虹色★ロケット」の松永祐佳、「バッテリー」の林遣都とめちゃくちゃ充実していました。このうち2008年も活躍してくれるのは誰かな。

【音楽賞】
  「虹色★ロケット」

【コメント】
 エンディングが好き。

-----------------------------------------------------------------

以上

« December 2007 | Main | February 2008 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi