April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 日本インターネット映画大賞 日本映画に投票する | Main | 第31回日本アカデミー賞 »

2008.01.11

キネマ旬報ベストテン2007

 2007年度のキネマ旬報ベストテンと個人賞が発表になりました。結果は以下の通りです。(敬称略)

日本映画

1位 「それでもボクはやってない」
2位 「天然コケッコー」
3位 「しゃべれどもしゃべれども」
4位 「サッドヴァケイション」
5位 「河童のクゥと夏休み」
6位 「サイドカーに犬」
7位 「松ヶ根乱射事件」
8位 「魂萌え!」
9位 「夕凪の街 桜の国」
10位 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」

監督賞   周防正行 「それでもボクはやってない」
脚本賞   周防正行 「それでもボクはやってない」
主演男優賞 加瀬 亮 「それでもボクはやってない」「オリヲン座からの招待状」
主演女優賞 竹内結子 「サイドカーに犬」「クローズド・ノート」「ミッドナイトイーグル」
助演男優賞 三浦友和 「転々」「松ヶ根乱射事件」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
助演女優賞 永作博美 「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
新人男優賞 林 遣都 「バッテリー」
新人女優賞 蓮佛美沙子「転校生 さよならあなた」「バッテリー」

 おー「キサラギ」入ってないじゃん。っていうのがまずサプライズ。キネ旬は入るけど日アカは入らないというのが大方の予想(誰の?(^^;))でしたでしょう。まさか逆とは。

 それ以外はなんと無難なランキング。どれもベストテンに入ってておかしくない映画ばっかりだもんね。入ってなくて残念なものはあれど、入ってて疑問というのは見当たらない。せめて次点だったという「愛の予感」くらい食い込んでいれば言うこともあったのに。(観てないけど)
 しかし10本中8本観ているけど、そのうち5本が地元ミニシアターの静岡シネギャラリーでの鑑賞。観てない2本もシネギャラでやってて行けなかったもの。本当にシネギャラには足を向けて寝れません。シネコンレベルで観れたのは「それボク」と「クゥ」「しゃべれども」くらいなんだから、結局いまの映画界をきちんと示しているとは言えるかも。(静岡では「クゥ」と「しゃべれども」もシネコンのMOVIX清水で上映されましたが他の地方では上映されてないかな)
 しかし山下さんの2本(「コケッコー」「松ヶ根」)強いなあ。どっちも良さがよく分からなかったんだっよね。(^^;)

 個人賞は三浦さんが注目外だったけど、それを含めてみな妥当といえば妥当。永作さんの受賞ラッシュはribbonのライブビデオを持っている(笑)身としては感慨無量だね。新人女優賞は夏帆さんが対象外だったのか?

 ちなみに外国映画は(1)「長江哀歌」(2)「善き人のためのソナタ」(3)「今宵、フィッツジェラルド劇場で」(4)「クィーン」(5)「バベル」(6)「やわらかい手」(7)「ドリームガールズ」(8)「ボルベール〈帰郷〉」(9)「ゾディアック」(10)「パンズ・ラビリンス」。うーん「バベル」しか観てないよ。(笑) 文化映画作品賞は「ひめゆり」ね。

« 日本インターネット映画大賞 日本映画に投票する | Main | 第31回日本アカデミー賞 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45345/17658073

Listed below are links to weblogs that reference キネマ旬報ベストテン2007:

» キネマ旬報ベストテン2007 (都会はいいなあ・・・と羨ましがる地方人間の雑感) [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
それでもボクはやってない / 長江哀歌 [Read More]

« 日本インターネット映画大賞 日本映画に投票する | Main | 第31回日本アカデミー賞 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi