January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« March 2007 | Main | November 2007 »

2007.05.30

「バベル」☆☆☆☆

 モロッコの田舎を走っていた観光バスに銃弾が撃ち込まれ、アメリカ人夫婦の妻に命中する。銃を撃ったのは兄弟である少年たちで、ほんの軽い気持ちの試し撃ちだった。その銃は日本のハンターの元所有物であることが分かり、その元所有者の聾唖の娘のもとにも刑事が来る。

 うんなかなか面白かった。とりあえずひとつひとつのエピソードがどうなっていくのかという興味は失われることなく観れました。どのエピソードがどうということはなく、全体的に楽しく過せました。きっとそれぞれに興味を残させたまま話を他に移すのが上手いんでしょう。撃たれた妻は助かるのか、撃った少年はどうなるのか、悩む少女はどこへ向かうのか。
 ただそれぞれのエピソードごとの関連性や統一性のようなものはあまり強くは感じませんでしたね。タイトルからは言葉や習慣の壁を連想させるけど、結局は立場や個性、考え方の壁がそれ以上に強いと言っていたように思います。壁は人種の数よりもはるかにたくさんあります。

 菊池凛子ちゃんはがんばっていたけど、世界レベルでベスト5入りかと言われるとよく分からない。アメリカレベルではそうなんでしょうけど。「フラガール」の蒼井優さんや「虹の女神」の上野樹里さんのほうが僕は上に思っちゃうけどね。(笑) しかし彼女の気持ちはいまいちよく分からなかった。女の子はあの気持ちが分かるのか?

(静岡ピカデリー)

2007.05.08

「ロッキー・ザ・ファイナル」☆☆☆☆

 ああ、なんて久しぶりの記事。なんて久しぶりの外国映画感想よ。(笑)

 「ロッキー」過去5作を評価すれば「1」☆☆☆☆ → 「2」☆☆☆ → 「3」☆☆☆☆☆ →「4」☆☆ → 「5」☆ です。3作目までは紛れもない傑作シリーズで、特に3作目は本当に素晴らしくて大好き。その後2本蛇足的に作ってしまったのがこのシリーズの不幸なところでしょう。(おっ偶然ながら☆の数が勢ぞろいジャン(笑))

 今回の「ファイナル」は燃えました。まあ一番素晴らしい!と思ったのはエンドロールでの美術館前階段の人たちの姿なんだけど(^^;)、それでもロッキーの姿にも燃えました。たしかにベタベタな展開だしまったく現実味もないんだけど、ロッキーだし、スタローンだし、身体は見た目はしっかり作り上げていることもあるのでなんか入り込めてしまうのは不覚。

 ただしやっぱりいくらなんでも60歳近いおっさんが現役の世界チャンピオンと対等に戦うなんてことはありえないので、「4」「5」なしで引退して5年後くらいのときにこれを作ってたら最高のシリーズとして締めくくれたのにね。残念。

(静岡ピカデリー)

« March 2007 | Main | November 2007 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi