January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.27

尼崎脱線事故に思う

 本当に痛ましい大きな事故がおきました。亡くなられた方、遺族の方、心からお悔やみ申し上げます。

 原因ですが、迂闊なことは言えませんが、おそらくは幾つかの要因が重なった本当に不幸な偶然だったのではないかと思います。スピードが出すぎていたのは間違いないでしょう。急ブレーキや石もしくはその他の障害物の存在もあったかもしれません。運転手の経験も不足していたでしょう。会社の体質や規則が運転手に与えていた心理的影響もあったかもしれません。整備不良があったもしれません。極端な例ですがもしかしたら乗客の位置によって妙な重力バランスになっていたのかもしれませんし、それぞれ普通なら問題にならないようなレールのゆがみと車輪のひずみがぴったりとはまってしまったかもしれません。もしかしたら運転手が事故の前にすでに発作等のトラブルに巻き込まれていたかもしれません。
 まだ原因は分かりません。おそらくは推定以上に完全に解明されることはないでしょう。

 ただ言えることは、一つ一つの要因はおそらくは普段からほぼ日常的に存在していることなのではないでしょうか。経験不足の運転手などいくらでもいるだろうし、スピード超過も多少のものならおそらく起きていることでしょう。事故にならないレール上の小さな障害物だってよくあることかもしれないし、小さな故障などいくらでもあるでしょう。会社の体質も事故そのものには直結はしないでしょう。
 一つ一つなら、こんな事故は起きていないと思います。スピードだって、30Km/時くらいの超過で脱線するとしたら、それは制限速度かレールの設計の方に問題があると思います。(実際はまだどの程度の速度だったかは不明)

 このスピードですが、僕らも車の運転においては日常的に制限速度を超過しているのは間違いありません。スピード違反しない運転手なんていないでしょう。(つかまらない運転手はたくさんいるけど) 20や30の超過は例えば高速道路なら誰でもします。50Km/時以上の超過を平気でする人も多いです。数人乗りの車と何百人の命を預かる電車では違うとも言う人もいるでしょうが、命の重さは数ではありません。それに数で言うなら一台の車の暴走が何十台の事故につながる可能性もありますし、その中に何十人が乗ったバスなどが含まれることもありえます。我々も、スピードに対する意識をもっと持つべきなのではないでしょうか。
 今回の事故を見て、電車は怖い、乗り物は怖い、責任はどこだ、などと思うだけでは事故の教訓にはなりません。(もちろん責任の所在はある程度ははっきりさせておいた方がいいでしょうが) 自分は公共の乗り物を運転するわけではないから関係ないなどと思わず、自分で運転する乗り物、自分で稼動する機械に対して、改めて認識を持ち直すことが必要なのではないかと思うのです。

 暴走ドライバーよ。自分がスピードを出しているだけじゃたぶん事故は起きないけど、そこに他の何かの要因が起きたときに事故は起きるんだよ。人が飛び出すかもしれない。石を踏むかもしれない。隣の車がスリップするかもしれない。それでもある程度は対処できるように走りましょう。相手のせいにしたって事故の後では遅いよ。自分でなくても後ろからあなたの猛スピードの車が現れて前の車が焦って事故るかもしれない。事故の要因は大抵ひとつじゃない。だから一つ一つをみんなで消していきましょう。

 本当に、こんな事故はなくさなくてはいけません。他人事じゃないですよ。

「インファナル・アフェアIII 終極無間」

 うーん。これは好きな映画ではないなあ。1作目2作目は共に☆☆☆☆☆だけど、これは☆☆ですね。

 クライマックスの展開とそこに前後する過去の因縁的事実には驚かされたけど、本当にそれだけで、前半から中盤に至るまでの構成はややこしすぎて頭の悪い私には何がなんだか。いや、一つ一つのシーンごとの意図や面白さは分かるんだけど、今のアンディの話と過去のトニーの話がどう融合しているのかいまひとつ分からんっす。例えばトニーとケリーのラブラブ話なんて、何でいまさらあんなにじっくり描く必要があるのか、何であのタイミングで挿入されるのか、よく分からないんです。シーンとしてはほのぼのして面白いけど。
 なんか話がとっちらかっている印象。トニーの話は極限まで絞って、もっとアンディの話に重点を置いてほしかったですね。

 あとちょっと公開時期を何とかしてほしかったなあ。前作から半年以上、1作目からだと2年近くもたっちゃって。2に続けて半年前にやれってよ~。もう細かいところ忘れちゃったよ。(^^;)

2005.04.13

韓国で「火垂るの墓」公開延期に

 韓国で予定されていた「火垂るの墓」の公開が無期延期になったとのこと。昨今の韓国では日本文化開放政策で日本映画の上映が進められ、概ね好評を得ていたらしいです。しかし今回、この映画は内容的に公開に適していないと判断されたようですね。その理由が「日本人を戦争被害者として描写している」との反発があったとのこと。うーん。

 反日デモでにぎわいを見せた中国といい、こういった反応を示す韓国といい、やはり日本人(というか僕)には理解できない部分が多いですねえ。どう観ればあの映画が「日本人を戦争被害者として描写している」といった感想になるのでしょうか。あの映画で「戦争の被害者」として描かれたのは日本人ではなく、あの兄と妹の二人でしょう。それに日本人だって、その大半はれっきとした戦争被害者じゃないか。

 だいたいさあ、韓国も中国も憎むべきは”戦争”であって日本人じゃないんじゃないかね。アメリカは原爆を二つも日本に落としたけど、それを理由にアメリカを憎むようには僕らは教育されていない。僕らはそういった事態を引き起こした”戦争”そのものを憎むように教わってきたよね。
 でも中国や韓国では戦争や歴史ではなく、日本そのものを憎むような教育がなされているらしいですね。そういうのって、いいかげんやめた方がいいと思うんだけどなあ。

 僕らは過去には生きていない。現在と未来に生きている。今さら戦争責任を追及するよりも、これから戦争を起こさないためにはどうするべきかを考えたほうが僕はいいと思う。だから日本政府の対応(教育方針)を僕は支持します。

 最近の映画やドラマを見れば分かる通り、韓国の文化は豊かで素晴らしいです。K-POPもいいしね。その豊かな心をもっと大切にして、日本との対話を進めて欲しいと思います。
 中国に関しては、公共の建物に投石すれば逮捕されるくらいの明確な法律の整備が必要なのと、いくら日本が嫌いだからって”中国人経営”の日本料理屋を破壊しちゃうような認識のなさを恥じる心を持って欲しいです。まずはそれからだね。

2005.04.04

韓国映画「オオカミの誘惑」

 これはよかったですね。なにがいいってヒロインのブスっぷり。(笑) いや、マジにブスってわけじゃあないんだよ。普通にしてればまあまあ可愛くも見える、それこそどこのクラスにでもいそうな素朴っぷりの彼女。この彼女の愛らしきブスっぷりだけでもうこの映画は大好きな映画です。

 でもそれだけじゃなくこの映画はすごい。ほのぼの笑わせておいて終盤にぐぐっと泣かせる定番の展開なんだけど、その泣かせ方がちょっと考え付かないほど可哀相な運命を利用しているのだ。フツー最後にはもう少し救いを用意しておくもんだと思うけどそれがない。とにかくその運命を受け入れるしかなかったあのヒトが可哀相でしかないのです。この非情さがすごい。ある意味感心しました。☆☆☆☆

 女の子もよかったけど男の子たちも確かによかったね。人気があるのも納得です。

« March 2005 | Main | May 2005 »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi