September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 3年B組金八先生 第7シリーズ | Main | 一場投手が気の毒だ »

2004.10.27

TV「怪奇大家族」

 テレビ東京で日曜の深夜にやっている「怪奇大家族」を知っていますか? あの「呪怨」の清水崇が監修している、霊に憑り付かれたある一軒家に引っ越してきた家族を次々と襲う恐怖を描いた、一大エンターテイメントホラーです。これがとにかく凄い! 必見! 真夜中にこれを一人で観てはいけません。恐ろしすぎます!

 って、何が恐ろしいかというと、その脱力ぶりです。(^^;) イヤ、皮肉とかけなしているのではなく、こんなですが実はギャグホラーで、次々と繰り出される小ネタの数々に参りました。初回観たときは夜中に一人で爆笑しちゃったよ。あぁ恐ろしやー。
 全くナニやってんだよ、清水さんたらー。こんなセンスのある人と思ってなかったよ。是非次回作はこれの劇場版で。絶対観に行くから。(笑)
 いま一番気に入っている連ドラです。出演者も高橋一生(@スウィングガールズ&セカチュウ)、室井滋、モロ師岡、藤村俊二に渋谷飛鳥(@デビルマン)と豪華だしね。

 私の頭の中では「るるるーるーるるるるー、ららららー、ららら怪奇大家族ぅうーうっ!」ってテーマ曲が渦巻いています。(^^;)

 テレ東系観れる人はゼヒ。

« 3年B組金八先生 第7シリーズ | Main | 一場投手が気の毒だ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

 はるさん、ごぶさたしてます。
 私も『怪奇大家族』毎週楽しみに観てます。
 実は、清水崇監督は数年前から自主作品でこの手のギャグホラーを作っています。最初に作ったのが2001年の『怪談こっちを見ないで…』。この作品で脚本を担当していたのが『怪奇大家族』で清水監督と共に企画監修・原案としてクレジットされていて、第一怪、第二怪を監督していた豊島圭介監督です。
 翌年には『怪描轢き出し地獄』という作品をやはり自主制作で撮っていて、どちらもノリとしては『怪奇大家族』に近いものがあります。
 この2本と、豊島監督の宇宙人もの2本を合わせて『幽霊VS宇宙人』というタイトルでシネマ下北沢で上映されたことがあって、そのときのポスターが『怪奇大家族』のお父さんの部屋に貼ってあります(笑)。
 自主制作作品ということもあってか、ソフト化はされていないのですが、もし観られる機会があればお見逃しなく。『怪奇大家族』が気に入ったのなら、きっとはまると思います。
 それでは。

小宮山さん、こんにちは。来てくださっていたとは。嬉しいです。コメントありがとう。

この番組を見たときに小宮山さんの顔が浮かびましたよ。絶対観てそうだって。(笑)
実は私の住んでいる静岡ではこの番組って言うかテレビ東京自体やってないんですが、入居しているマンションのケーブルテレビで無料放送されているんで観れています。だから身近にこの番組を観ている友人は皆無だし、誰にも薦めることができません。(^^;)

そうですか、清水さんはそういう志向もあったんですね。それらの自主映画もぜひ観てみたいものですね。お父さんの部屋のポスターは今晩にでも確認しておきます。(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TV「怪奇大家族」:

» 「怪奇大家族」が面白い [net@valley]
 「呪怨」をヒットさせた清水崇が、押切蓮介のマンガ「でろでろ」(ヤングマガジン連 [Read More]

« 3年B組金八先生 第7シリーズ | Main | 一場投手が気の毒だ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi