September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« LOVERS | Main | 来年のパ・リーグ »

2004.09.09

ドラマ版「世界の中心で、愛をさけぶ」

 いまはまって観ているTVドラマは「ウォーターボーイズ2」とこの「世界の中心で、愛をさけぶ」。このセカチューが、妙によいのだ。何がよいって、緒形直人ですよ、緒形直人。本当に山田孝之君が17年間悩みながら生きてきたという顔をしているじゃん。アレは見事としか言いようのないキャスティングでしょう。映画版は大沢たかおベースで考えて森山未來君のキャスティングに感心したけど、今回は逆だ。
 僕は映画版はあまり評価していないんだけど、それは17年後のサク君(と婚約者の律子)に全く共感できない点。でもドラマ版のサク君には共感しちゃうよ。17年間悩んできたからこそそこにある姿に心動かされちゃう。毎回、現在パートに泣かされてしまうっす。桜井幸子さんの存在もいい。

 しかし過去パートになると映画版にはちょっと劣るかなあ。すまん、綾瀬はるか嬢。君はがんばってはいるが、長澤まさみ嬢の素晴らしさにはちょっと及ばない。亜紀の美しさ、強さ、そして悲しさの伝わり方がやはり違うのだ。イヤ、本当にごめんなさい。あとやはり連ドラの宿命として描きこみすぎて冗長な感じなのよね。

 ということで過去パートは映画版、現在パートはドラマ版に軍配を上げる私であった。でもってトータルではドラマ版のほうが好き。

 今週最終回。と思ったら来週特別編だって。(^^;)

« LOVERS | Main | 来年のパ・リーグ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドラマ版「世界の中心で、愛をさけぶ」:

« LOVERS | Main | 来年のパ・リーグ »

広告

  • amazon

ツイッター

  • ツイッター
無料ブログはココログ

ブログパーツ

  • mixi